200組以上のプラン提案!100軒以上の施工実績!!

HOME > 施工事例 > 雑草対策に一工夫-隣地に水が流れ込まないために-

雑草対策に一工夫-隣地に水が流れ込まないために-

家の北側や隣地との境界など、なかなか手をつけられない、後回しになってしまう場所ってありますよね。

雑草も生えるし、そろそろ何とかしないと。。。

そんなお悩みを解決しました。

        
お住まい ひたちなか市
建物 戸建て
隣地に雨水が流れ込まないために:その1
隣地境界のブロックを施工していない場合、もしこちら側が雑草対策のためにコンクリートを打ってしまったら。

どうなると思いますか?

そう。
隣地にお水が流れてしまいます。

それは絶対にNGです。

そのために、当初はコンクリート打ちを考えましたが、こんな施工にしました。

まずは①掘削。

そして、その上に②防草シートを敷きます。
隣地に雨水が流れ込まないために:その2
敷いた防草シートの上に③砕石を敷きます。

砕石を敷いたら、④転圧します。

転圧した砕石の上に、⑤モルタルを流します。

防草シートと砕石だけでは、シートの隙間から雑草が生えてしまうことがあります。
モルタルを流しておけば、もし雑草が生えても土がないので、根付くことがないのです。
隣地に雨水が流れ込まないために:その3
モルタルの上に⑥砕石を敷いて、完成。

上を砕石にすることで、雨水がモルタル層まで浸透します。

モルタル層は道路に向かって勾配を取っているので、水が道路に流れていくのです。

雑草も生えず、水もお隣さんに流れない。

一石二鳥ですね。